トップページ

    このサイトでは社用車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「社用車の買取で高く売るならおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    社用車を高く売るために重要なことは、「いくつかの車買取業者に社用車の買取査定してもらうこと」です。時間や手間を惜しんで「社用車の買取査定をお願いするのは1社のみ」とか「今までの付き合いがあるから同じディーラーで下取り依頼をする」というのは、他の買取業者との競争が起こらないので、どうしても安く査定されてしまいます。

    このサイトで紹介しているおすすめの一括査定サイトを利用すれば、必要な入力も数分で終わりますし、同時に複数の買取業者から見積もり概算価格を比較することができます。
    社用車を高く売ることができれば、社用車の買い替えの足しにしたり、事業に必要なことに活用できますよね。社用車の高額売却を実現するために一括査定サイトを有効利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車相場が調べられる無料の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社に社用車の買取査定の依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、地方でも対応していて無料です。

    「社用車を高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話はちょっとなあ…」ということならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今利用している社用車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという安心して使える一括サービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、数年落ちの社用車でも高く売れる買取業者が見つけられます。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    社用車の実車査定もガソリンスタンド、もしくは会社や事務所、自宅で1回のみ。
    電話も査定も1回のみで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サイト。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちの社用車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで長年利用してきた社用車の高額買取の可能性が高くなります。

    最大で10もの会社が社用車の査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取店に長年愛用してきた社用車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社が長い間事業に利用してきた社用車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年利用してきた社用車を少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前の通り大手企業の楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    社用車の買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取(売却)が成立すればさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年営業で使ってきた社用車を高く買い取ってもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、最大で約10社が事業で使ってきた社用車の高額査定をしてくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    インターネット上の無料中古車一括査定サイトを利用するときに欠点となる事と言ったら、査定サイトに登録されている中古車買取店舗から電話で一気に売却を勧誘される事があります。

    はじめは自分で利用したわけですし、一概に悪いことだとは言えないでしょう。

    しかし、非常にしつこく困ってしまう場合には、車を売る決心をしていなかったとしても「もう手元に車はありません」と言うのが一番楽に断る方法でしょう。

    大手チェーンの中古車販売店の多くは、常時たくさんのキャンペーンを開催していることが多いです。

    景品等の多くは車を売ることでプレゼントされるのが普通でしょうが、中にはただで査定するだけで貰えるものもあるのです。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うと幾らかのポイントが受け取れるなどです。

    見積もりするだけでポイントをもらって、後はそのままでも構いませんので、査定だけでプレゼントが貰える場合があればぜひ査定してみるとお得ですね。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう程度の軽い傷やへこみなどは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、あまり気にすることはありません。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり大きなへこみがあるケース、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で費用を出して直したとしても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎年大量の中古車がらみの相談が寄せられています。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が右肩上がりに増えています。

    例えば一括査定サービスを使ったところ、電話勧誘が鳴り止まない、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    たちの悪い業者に遭ったり、腑に落ちないことがあれば、冷静な第三者に相談するのが大事です。

    諦めてはいけません。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、自動車なしではいられないという人はかわりに代車を手配してもらわなければなりません。

    しかしながら代車の手配というのは、どこの中古車買取業者でも業務の中に組み込んでいるわけではないので、車がないなんて考えられないという人なら、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    その場合、製造年は無関係で、車検証の「初度登録年月」ですからうっかり間違えないように気をつけましょう。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、もし購入する気持ちで考えてみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。

    そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、現地にスタッフに来てもらう出張査定をお願いしなくてはいけません。

    普通の自動車以外にも車検切れでもOKのところならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。

    補足すると、査定に出す前に車検を通すことはさほど意味がないのでやめましょう。

    事前に車検を通すためにかかったお金の方が大抵の場合は査定金額に上乗せされる金額よりも高く付いてしまうからです。

    愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、自動車の売買は個人同士でした方が間に業者を介在させないため一番高値になりやすいでしょう。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが車の名義変更と支払いに関する事項です。

    名義変更関連は、決められた日にちまでにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払ってそれ以降は支払いをしないで逃げられることがないように、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、車売却時に限定したことではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    サインをしたり印鑑を押してしまえば、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    記載された中古車の状態は適切か、金銭面で分かりにくい箇所はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずに担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。